〜プロローグ〜
2018年7月、お客様へ発送する為のクレアボルブラックをサプマスの陳列棚から取り出した際、手元を誤って落としてしまった。

サプマスの床は絨毯だったのだが、目を凝らして検品すると、ほんの少し粉を吹いているように見えた。最後のクレアボルブラックだった為、ご注文のお客様にお待ち頂けるようにお願いした。

そのクレアボルブラックは久しぶりに自分が使用しても良かったのだが、松岡先生に利用してもらおうと思いついた。

松岡先生は総合格闘技への参戦に挑戦中だったからだ。クレアボルシリーズのハイエンドモデルであるクレアボルブラックは誰が使用しても顕著な体感をもたらすが、特にオーバートレーニング気味に追い込んでいる時期や新しい運動プログラムに挑戦している時期にこそ真価を発揮する為、松岡先生に打って付けだったのだ。

Ex:
徹底解説「クレアボルブラック



極真空手 松岡選手のクレアボルブラック体験記

 崑があがりにくかった」

11月の総合格闘技「敬天愛人」に向けて、今年に入ってからレスリングや柔術等、今までやったことの無い種目をやっています。

どんなスポーツでも、初心者の内はすぐ息切れするものだと思いますが、クレアボルブラック摂取期間中は、息切れがかなりマシでした。セットが終わっても息切れしていない時もありました。



◆屮好ワットのレップ数がアップ」

高重量でのスクワットのレップ数がアップしました。普段は5回程で気持ちが折れそうになる所、7〜8回までいけました。また、いつも8回で終わってしまう重量だと、10回までいけました。



「ボディが打たれ強くなった感じがした」

前述したように、レスリングや柔術の練習も始めて、毎日の汗の量が多く、普段は73キロ位ある体重が71キロくらいで停滞していました。

道場生の相手で極真ルールで組手をする時、私は今までは71キロだと相手の突きを貰うと結構痛く感じていたのですが(私にとっては、たった1〜2キロでかなり違うのです)、クレアボルブラック摂取期間中は、73キロ以上ある時と同じくらい痛く感じませんでした。不思議です。



【関連】
空手家松岡朋彦選手オフィシャルブログ
松岡先生がVIVOを試す!
フェノムモニター トップ空手家編 #1
フェノムモニター トップ空手家編 #2
フェノムモニター トップ空手家編 #3

【サプリマスターのクレアボル体験記】
ETBとクレアボルブラックを投入して減量した結果-前編
ETBとクレアボルブラックを投入して減量した結果-中編
ETBとクレアボルブラックを投入して減量した結果-後編
ETBとクレアボルブラックを投入して減量した結果-応用編