〜お知らせ〜
6月21日(木)〜7月20日(金)までのキャンペーン
7月のお買い得品の解説
メールに関する重要なお知らせ



〜予算がある人の抜け毛対策〜

抜け毛の原因の一つがテストステロンから変化したジヒドロテストステロンであることはご存じかと思います。

ホルモンは本来、勧善懲悪という概念で区別できませんが、ジヒドロテストステロンはしばしば悪玉として挙げられます。その理由の一つが頭髪、主におでこや頭頂部の抜け毛に、ジヒドロテストステロンが関わっているからです。

しかしながら、世の全ての男性がこのジヒドロテストステロンを恐れる必要はありません。



テストステロンは5α-リダクターゼという酵素と結び付くことで、ジヒドロテストステロンへと転換されますが、5α-リダクターゼの活性やジヒドロテストステロンに対する感受性などなど、個人差は大きいのです。

中でも遺伝的に頭皮の毛乳頭、取り分けおでこと頭頂部に多くの5α-リダクターゼを生成するに至る人がいます。ご存じかと思いますが、この体質の人がいわゆる禿げやすいタイプなのです。

私もそのタイプなのですが、この体質の人はテストステロンがジヒドロテストステロンへと転換されるのを抑制することで、ジャッジメントデイ(審判の日)をいくらか先延ばしにすることができます。

狙いは5α-リダクターゼの活性を抑制することにあります。



最も効果が大きいのは、5α-リダクターゼ抑制専門の薬になります。効果はサプリや食品の比ではないでしょう。抜け毛予防だけが目的の場合は優れた手段になるはずです。

ただ、ジヒドロテストステロンには男性化や一部のがん抑制など役に立っている一面もあり、薬で完全にシャットダウンし続けた場合におけるQOLに対する長期的影響は未知数です(それでもプラス面が多いかも知れない)。

リーンな筋肉作りを阻害せずに、抜け毛を軽減したい場合、5α-リダクターゼの活性を抑える働きを持つと言われる食品を採用するという手段もあります。

その際は、少しくらい抜け毛が減ればいいかなぁ〜と言うくらいのスタンスで臨むのが良いでしょう。この場合に登場するのがノコギリヤシやリコピンになります。

メジャーなのはこの辺なので、ジャッジメントデイに対する穏やかな抵抗や若い内から投資的にケアしておきたい人はリコピン摂取やリコピンがしっかりと配合されたVIVOを継続するのが良いでしょう。ついでに、意図しない重金属摂取などによる抜け毛予防に、レバーブロウの習慣があれば言うことがありません。

リコピンやレバーブロウは結果的に、良い副作用として様々な機能改善やQOLの向上が期待できるため、いずれ審判の日を迎えることになっても、決して無駄にはならないことが最大の利点になります。

ですが、ノコギリヤシにリコピンにカボチャ種子の他に、まだないですか!!?もっといい食品はないのですか!!!!?と言う方もおられるかも知れません。

そこで、紹介するのが今回の食品です。

後編へ続く



Ex:
予算が有り余って仕方ない! 基本編 イントロダクション
予算が有り余って仕方ない! 基本編 ガッツリ長編シリーズ

基本サプリ2011 Ver.予算はある!
基本サプリ Ver.予算はある!のまとめ先行版

【関連】
レバーブロウで脱毛予防!?-イントロダクション
レバーブロウで脱毛予防!?-1
レバーブロウで脱毛予防!?-2
レバーブロウで脱毛予防!?-3

抜け毛対策と思わぬ副産物(改善)-前編
抜け毛対策と思わぬ副産物(改善)-後編

抜け毛対策と思わぬ副産物(改善)Part.2 予算はある!-前編