〜お知らせ〜
7月7日(土) 近畿地方大雨による影響(臨時休業)
6月21日(木)〜7月20日(金)までのキャンペーン
7月のお買い得品の解説
メールに関する重要なお知らせ



〜GHブーストを期待できる素材〜

成長ホルモン分泌を促す自然な天然栄養素として、アルギニンやグルタミンが古くから知られている。

アルギニンは単独での摂取の他に、アルギニン以外の成長ホルモン分泌作用があるリジンとの組み合わせやリジンとオルニチンを加えたブレンドの効果が高いとされ、実際にアルギニン+リジン+オルニチンのブレンドを主成分の一つとしたものも製品化されている。

その他のGHブーストが期待できる素材のいくつかも、最近では食品に分類されるようになった結果、サプリメントの成分に採用されるようになり、身近になった為、手軽に試せるようになった。


「α-GPC」
10311218_59f7eb77a6039_main大豆由来のフォスファチジルコリンから脂質を除いた水溶性を示すコリン供給源。口から摂取した場合、腸管で吸収され、門脈を経由して、速やかに血中へ到達する為、血中並びに脳内のコリン濃度を急激に高められるという特徴を持つ。

他のコリンを供給する栄養素が脂溶性でリンパを介してゆっくりとコリンを放出するのに対し、一気にコリンを供給する作用は、脳内や筋収縮における重要な神経伝達物質「アセチルコリン」の急速な増大をもたらす可能性を持つ。

事実、α-GPC含有サプリの愛用者からは、知的生産性の向上や情緒の安定、筋力増大などのフィードバックが得られている。

α-GPCは肝臓や脳機能、筋収縮などに対する改善効果が期待できるが、その他の大きな特徴として、ある条件下において摂取した場合、成長ホルモン分泌を起こすことが確認されている。

日本人に対して行われた実験ではα-GPCを摂取した60分後には、非摂取群とは比べ物にならないほどの成長ホルモン分泌が起こることが判明した。そして、その増大した成長ホルモンに由来する血中脂肪酸の有意な増大が確認された。

上の実験においては、その他の代謝物から肝臓由来の脂肪分解が示唆され、α-GPCによる脂肪肝予防が期待されたが、成長ホルモンは腹部の皮下脂肪を減らす作用も高いため、α-GPCは内臓脂肪を含めた腹回りのサイズダウンに効果的であると言っても過言ではないだろう。



「Lドーパ」
12871999390080八升豆などに含まれるL-ドーパは体内でドーパミンへ転換される。ドーパミンはノルアドレナリン、アドレナリンに逐次転換される為、L-ドーパはこれらモノアミンの前駆物質と考えることができる。

L-ドーパは血液脳関門を容易に突破して、脳内でのドーパミンレベルを高めるため、医学的には主に脳機能改善目的で利用されることが多い。

一方、ラットにおいてはマウント等の性衝動を亢進する作用が確認されているが、人間においても実際に性欲のみならず精子の数や運動性を高めることが判明している

上の作用は人間の活力に関する改善作用が主となるが、L-ドーパには高い成長ホルモン分泌作用があるというもう一つの濃厚な側面がある。

L-ドーパを摂取すると脳内でドーパミンレベルが急激に高まり、脳下垂体が刺激され、成長ホルモンの分泌が起こる。この原理を利用して、医療の分野では低身長症の検査にL-ドーパが利用さているくらいだ。

GHブースターとしての性能は恐らく最強の一角に入る可能性を持つが、泣き所としては活力や性欲に与える影響が強いため、どちらかといえば万人向けではなく、一定の年齢に達した人向けという点である。



Ex:GHブーストサプリ
グリコ「エキストラアミノアシッド
HALEO「RAPTOR

エキストラアミノアシッドの機密「GHブースト編

【関連】
トレーニングやサプリによるGHブースト考 #1
トレーニングやサプリによるGHブースト考 #2
トレーニングやサプリによるGHブースト考 #3