「いきなり中間発表編」
5月13日(日)。
ファスティング4日目の朝を迎えた。
1
体重
70kg後半〜71kg前半

67.70kg

体脂肪率
12%弱

10.5%

体重の減り幅は1日目〜2日目の朝までは多くなかったが、結果的に3kgほど減った為、予想以上であった。年に数回、ファスティングを行い、ファスティング慣れしていると、絶食によって筋量が減りにくくなる傾向があるので、3日間の半絶食くらいで3kgも体重が減るとは思ってなかった。

ルーズながらも、ファスティングに入る前は「野菜タップリ肉ちょっと」という食生活を心がけていたからだ。庭でエンドウやブロッコリー、レタスなどの葉の物が採れるので、それを無駄にしないように、お弁当は茹で野菜と生野菜のミックスに、茹でた切り落とし肉などを少し乗せただけのお弁当を食べていた為、筋中グリコーゲンは超過補填状態ではなく、フラットよりやや低いレベルであったと思われる。

絶食や半絶食、あるいは0カーボの食事を開始し、最初の2〜3日で減った体重の多くは筋中グリコーゲンとそれに付随する水分であることが多い。しかし、元が筋中グリコーゲンレベルが低い状態であったことと、体脂肪率が明らかに低下していること、何よりも見た目のコンディションが大きく変化したことから考えると、体脂肪が減ったことによる体重減少が起きたと考えられる。



2
内臓脂肪レベル
7以上

5.0

絶食によって実感しやすい肉体の変化は男性の場合、ウエストとなる。男は内臓脂肪がエネルギー化されやすいからだ。故に3日間であっても、内臓脂肪減少由来の体重減少やウエストのサイズダウンが起こるが、腹筋の割れ具合や頬肉の削げ具合から、皮下脂肪も大きく減っているのが見て取れた。

マッスルエイジ:29歳。これは加齢と共にAGEsと呼ばれる糖とタンパク質が結合した極めて代謝されにくい組織が筋肉の内外に蓄積するが、電気抵抗の違いによって、その多寡を判定していると思われる。

#2へ続く



【関連】
ファスティング-まとめ

ちょいハードなファスティング 2018-1-序
ちょいハードなファスティング 2018-1-1
ちょいハードなファスティング 2018-1-2

ライトなファスティング 2017-2-序
ライトなファスティング 2017-2-前編
ライトなファスティング 2017-2-後編

ライトなファスティング 2017-1-序
ライトなファスティング 2017-1-前半
ライトなファスティング 2017-1-後編

ライトなファスティング 2016-1-1〜2日目
ライトなファスティング 2016-1-3〜6日目
ライトなファスティング 2016-1-結果編

ライトなファスティング 2016-2-前編
ライトなファスティング 2016-2-後編

ライトなファスティング 2016-3

ファスティングをサイクルに採り入れる意義 前編
ファスティングをサイクルに採り入れる意義 後編