遡ること、3ヶ月前の2017年12月。賞味期限が近くなった「チェイス」があったので、「賞味期限が近いプロテインがあるので、宜しければ取りに来て下さい」と電文を送り、待つこと3ヶ月。

3月10日(日)
IMG_0653極真空手三宮道場の松岡先生がご来店。

前回、ご来店頂いた時に、「成功イメージを作ること」に気を付けていると話されていましたが、今は「極められる時に極める癖」を付ける訓練からもう一歩進んで、自分の長所を瞬時に引き出せるような特訓を行っているそうです。

試合の中で、相手に合わせたり、相手のペースで打ち合うのではなく、自分の得意なレンジや技で仕留められる瞬間を即座に判断して一気に極めに行くことが身に染み込むような訓練を採用したそうです。

具体的な内容はまだ明かせませんが、曰く「齡40にして、迷わず」だそうで、これまでとは全く違ったアプローチで新しいことに挑戦されています。

確かにその方法であれば、先生の長所を常に引き出すしかないなぁ、良く思いついたなぁと感嘆しましたが、最も驚いたのは新しい練習を採用するに当たり、「教えて下さい!」と頭を下られる姿勢です。正に松岡先生や住谷師範に教えられて書いた話「素直に聞く才能」、そのまんまやんと。

その具体的な練習方法などに関しては、いずれ解禁されるので、気になる方は松岡先生のブログを日々、チェックして下さい。



そんな具合で、新たな試みを採用した結果、練習量が増えたため、若干疲労感が増えたので、疲労回復や慢性疲労予防に良い物はないかというご相談。

ラプターが気になっているようでしたが、今は覚えることが多くて頭を良く使うとのことでしたので、疲労回復だけでなく脳機能改善&メンタルタフネスサポートを兼ねたVIVOをお買い上げ頂く事になりました。

ラプターはいつも以上にハードに肉体を酷使する時期に最大の効果をもたらし、特に30代後半からの肉体改造に適している為、今の状況にピッタリではあったのですが、「もっと厳しく追い込む時期が来るので、その時に」となったのでした。



1214その他、私が勧めたのは例の入浴法。サウナも良いのですが、家で手軽DE気軽にできる為、高頻度でヒートショックプロテイン効果を味わえる利点があるからです。

そして、このネガティブさはきっと、松岡先生も共感できるに違いない!(失礼な確信)と買っておいた福満しげゆき先生「僕の小規模な生活」を松岡先生へようやく手渡せました。



Ex:
花澤選手コラム「良い動きを積み上げる
40代からの競技への挑戦

【関連】
前回の松岡先生
本日の松岡先生-番外編
松岡選手とグリコのスポーツサプリメント
極真カラテで強くなるには?
第21回「状況に身を任せて飛び込んで
マスターの松岡道場見学-Part.1