素養を知るなら母を観よ-19
「あなたのせいではない!・・・かも!?」-4

〜8%の節約エリート〜

β3-AR遺伝子は脂肪細胞上のアドレナリンレセプターの活性に関わり、UCP-1遺伝子はミトコンドリア内膜におけるノルアドレナリン感受性や産熱に関わることから、当然ながら全く別系統の遺伝となる。

日本人は過酷な環境で自然淘汰が繰り返されたのか、節約型遺伝子と呼ばれるそれぞれが非常な多型と言える発現度で生き残っている。



・β3AR変異タイプは日本人の34%
・UCP-1変異タイプは日本人の24%


と非常に高確率でこれらの遺伝子を保有しているため、そのどちらの変異型遺伝子を保有している人も多い。

β3-AR変異型とUCP-1変異型の両方を持った日本人は

0.34×0.24×100=8.16(%)

全体の8%も存在する。つまり、12人に1人と中々の高確率である。



この確立8%の節約エリートタイプは、β3-ARとUCP-1の両方が正常型の人に比べて、単純計算で1日あたりの基礎代謝が300kcalも低く、1ヶ月あたり体脂肪1kgの7,000kcalの上を行く9,000kcalのハンデを背負うことになる。

ここでの問題は人よりも「『更に追加で』300kcal頑張る」という単純なアプローチでは計算通りの思ったような結果が出ないことである。例えば単純に運動を頑張るだけと言った一般的思考によるアプローチで臨んだ場合、運動によってアドレナリンが分泌されてもアドレナリンレセプターの応答性が弱いために、脂肪細胞からの脂肪酸放出が起こり難く、ノルアドレナリン分泌による発熱効果(カロリーの無駄遣い)も弱い為、理論値ほどの体脂肪由来の燃焼が起こりにくい。

ハンデを克服するには運動頻度も関係してくるが、まず、溜め込んだ体脂肪を手放しにくいという体質を良く理解し、それを受け容れたアプローチの優先順位が高くなる。



確立8%の節約エリートタイプが最優先すべきは、食事からの脂肪合成を減らす、つまり、決してこれ以上、体脂肪を増やさないというアプローチである。「これ以上、一切、体脂肪を増やさないぞ!」と言う心意気の元、脂肪合成を極限に抑えた上で、運動と摂取カロリーコントロール、摂取食品選択に取り組まないと効率が悪いこと極まりないのだ。

このタイプの人は「脂肪細胞が脂肪を手放して、それを完全に燃焼する」と言った一連の流れが非常に貴重で大変な為、それが無駄にならないように、体脂肪合成が起こらないように常に目を光らせる必要がある。

その為には一見、摂取カロリーのコントロールこそが重要に思える。確かにその通りであるが、「果糖+脂肪」のような組み合わせのように、カロリーは低くても、あるいはインシュリン分泌が多量に起こっていなくても、体脂肪の合成が起こることがある。また、女性ホルモンや他のホルモン、筋肉のインシュリン感受性によっては、多量ではない炭水化物だけを摂取しても、グリコーゲン合成と同じ速度で体脂肪の合成が起こる。

BGつまり、体脂肪合成をシャットアウトしたい、制御したい場合、単なるカロリー制限だけでなく、これらの現象を踏まえた上での対策が必要となるのだ。

確立8%の節約エリートタイプの人は、「防御こそ体脂肪に対する最大の攻撃」と念頭に置いてから、運動やダイエットに取り組むのがベストである。

その為のヒントとなるのが、以下の話。

GCS750を基本サプリとして採用するメリット

オーバーカロリー対策と精神安定の為のファイナルブロック



Ex:
徹底攻略「不活性型β3AR

【関連】
己を知れ #序
己を知れ #1
己を知れ #2
己を知れ #3
己を知れ #4
己を知れ #5
己を知れ #6
己を知れ #7
己を知れ #8「素養を知るなら母を観よ?-1」
己を知れ #9「素養を知るなら母を観よ?-2」
己を知れ #10「素養を知るなら母を観よ?-3」
己を知れ #11「素養を知るなら母を観よ?-4」
己を知れ #12「素養を知るなら母を観よ?-5」
己を知れ #13「素養を知るなら母を観よ?-6」
己を知れ #14「素養を知るなら母を観よ?-7」
己を知れ #15「素養を知るなら母を観よ?-8」
己を知れ #16「素養を知るなら母を観よ?-9」
己を知れ #17「素養を知るなら母を観よ?-10」
己を知れ #18「素養を知るなら母を観よ?-11」
己を知れ #19「素養を知るなら母を観よ?-12」
己を知れ #20「素養を知るなら母を観よ?-13」
己を知れ #21「素養を知るなら母を観よ?-14」
己を知れ #22「素養を知るなら母を観よ?-15」
己を知れ #23「素養を知るなら母を観よ?-16」
己を知れ #24「素養を知るなら母を観よ?-17」
己を知れ #25「素養を知るなら母を観よ?-18」
己を知れ #26「素養を知るなら母を観よ?-19」

プロトタイプ「己を知れ」