ウェルネスライフExpo 見聞録 #2
グリコ編「エキストラアミノアシッドの機密 Part.2」-後編


1kg「ESGが配合されたエキストラアミノアシッドを覚えている者は幸せである」と、誰が言ったか知らないが、アシュワガンダが薬に格上げされて健康食品に利用できなくなった際、アシュワガンダの代わりとしてカンカニクジュヨウと共にESGが配合されたバージョンが発売された。

しかし、ほどなくESGの表記が新バージョンのエキストラアミノアシッドから消えることとなった。

ESGとはグリコが開発したグリコーゲンで、主に免疫賦活作用が高く、ダメージからの回復に役立つ素材である。

EGSはお高い専門書にも登場するくらいのなので、またも、薬に格上げされて、使用できなくなってしまったのか?

その真相をグリコのFさん達に訊いてみたところ、そうではなかった。


実は当時のESGの生産ペースがエキストラアミノアシッドの売れ行きについていけなかったことが原因だったらしい。泣く泣く、新成分を外すこととなったが、結果的にはカンカニクジュヨウだけでも、十二分に、アシュワガンダ入りの旧バージョンを凌ぐこととなったそうだ。

しかし、ここに来て朗報。

専門書でも取り扱われるほどの実力を持つESG(もしくは改良型)の生産性が向上したため、近々、エキストラアミノアシッドに再配合されるかも知れないのだ。

現状でも充分な性能を誇っているが、エキストラアミノアシッドVer.4はコンディションを良好に保ちたい人達やハードトレーニングによる免疫力への影響が気になる人には、更に心強い味方となるだろう。



さて、今回の主役はESGではなく、カンカニクジュヨウである。

アシュワガンダが使用できなくなると分かったとき、アシュワガンダの代わりとなる栄養素の選定が厳しく行われ、最後に残ったカンカニクジュヨウにおいても、徹底した実験が行われたそうだ。

その結果、アシュワガンダを超える回復栄養素として採用された訳だが、カンカニクジュヨウの威力は文献にあるような疲労回復だけでなく、GHブーストも相当な物だったという。

「え〜、どんな実験で、どのタイミングで飲んだんですか?」
「いや〜、ちょっと・・・、じゃぁ、公にしないで下さいよ!?」

「大丈夫です!パスワードかけますから」


(以下、月替わりパスワード入力にて続きをお読み頂けます)



【Ex】
エキストラアミノアシッドの機密 -Part.1
ファイナルETBの機密-前編
ファイナルETBの機密-後編
エキストラサバイブとファイナルバーンの機密
DNS「ホエイプロテインSP」の機密
FL「ココア味プロテイン」の秘密

【関連】
ウェルネスライフExpo 見聞録 #0
ウェルネスライフExpo 見聞録 #1
ウェルネスライフExpo 見聞録 #2

SPORTEC-2013 #0
SPORTEC-2013 #1
SPORTEC-2013 #2
SPORTEC-2013 #3
SPORTEC-2013 #4

SPORTEC-2014
石井教授セミナーをマスターが解説供#序

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。