体脂肪を落とすのに有酸素運動が適するケース
とその効率的な実戦方法 #7

Q:体脂肪を落としたいと思い、「2017年前半の減量系話-まとめ」や過去ログを読んでいます。長期的な視点で観ると、特にウエイトトレーニングのような運動が体脂肪を減らすのに有効であるとは理解できましたが、有酸素運動が優れるというか、体脂肪を減らすのに有酸素運動の方が適するケースはないのでしょうか?と言うのは、現状、時間的にも環境的にも、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動しかできないからです。また、その際、少しでも効率的な方法があれば知りたいです。

効率の良い有酸素運動のやり方として、

1、筋中グリコーゲンを枯渇させておく

2、各種ホルモン分泌を高めておく
a:アドレナリン、ノルアドレナリン
b:成長ホルモン
c:テストステロン

と言った方法があります。

この二つの条件を手っ取り早く満たすには、有酸素運動の前にウエイトトレーニングのような強度が高めのレジスタンストレーニングを行うのがベストです。



有酸素運動前のレジスタンストレーニングが難しい場合においても、2のa〜cはサプリメントによって、その血中レベルを高める事が比較的容易ですが、1の条件も同時に満たしたい場合、血糖値が低く、テストステロンなどのホルモンレベルがある程度高い朝一番は、中々の好条件です。

やる気のある人で、高効率を求めるなら、朝一番に有酸素運動を行い、できれば燃焼ホルモンを最大化しつつ、筋分解を抑制できるようなサプリメンテーションを施しましょうというのが前回と前々回の話でした。

今回はもう少しやる気のある方がより体脂肪を燃焼させたい場合や最後の仕上げとして部分痩せを狙う場合に有効な手段について考えてみたいと思います。

部分痩せなんてできる訳ないジャン!って思う人もいるかも知れませんが、一定の条件を満たして取り組めば、体感のあるレベルで実現可能と言っても過言ではないのです。

(以下、納品書記載の月替わりパスワード入力にて続きをお読み頂けます)


【関連】
体脂肪を落とすのに有酸素が適するケース #1
体脂肪を落とすのに有酸素が適するケース #2
体脂肪を落とすのに有酸素が適するケース #3
体脂肪を落とすのに有酸素が適するケース #4
体脂肪を落とすのに有酸素が適するケース #5
体脂肪を落とすのに有酸素が適するケース #6
体脂肪を落とすのに有酸素が適するケース #7

えせトレ-まとめ Part.1
えせトレ-まとめ Part.2
えせトレ-まとめ Part.3
えせトレ-まとめ Part.4
えせトレ-まとめ 番外編

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。