〜現実編〜

実際の所、会員種別やジムの変更を行って、出勤前に早朝からジムへと足を運ぼうと思う人は少ないかも知れない。現状の環境やインプルーブメント具合に満足していれば、それで良いのだから。

この話に現実的に最も適合しているのは、週1トレーニーではないかと思われる。


月〜金、あるいは月〜土まで忙しく、また、仕事上がりの時間も決まっていない場合、トレーニング日が土日、あるいは日曜日のみとなるのは致し方ない。この場合、分割法で効率よくトレーニングすることが難しく、また、レジスタンストレーニングによる脂肪燃焼効果や体脂肪蓄積予防効果の恩恵に預かりにくい。

そのようなシチュエーションの中で、少しでもインプルーブしたい場合、

週1+αのトレプログラム

が参考になるだろう。

しかし、それでもトレーニング頻度が低いと言う問題自体は解決できない。部位別トレーニングを採用してトレーニング効率やクオリティを向上させたい場合や減量目的が強い場合、やはり、何とかして頻度を増やしたいものである。

このような時に役立つのが、早朝トレーニングの採用である。

仕事の影響を受けにくい朝にジムへ向かうのも悪くないが、もっと簡単かつ短時間でトレーニングが行える早朝野外トレをお勧めしたい。

高重量のスクワットやデッドリフトはジムに任せて、野外ではチンニングやスプリントなどを行えば、ジムで行う類似動作と大差の無い負荷をかけることができる。また、減量目的であれば、単純に近所を走ったり、芝生や河川敷でスプリントトレーニングを行えば、ジムでの減量向けトレーニング以上の成果を得ることができる。

何より、トレーニング頻度を稼ぐことができるため、トレーニングプログラムの自由度が格段に向上する。



〜実践編〜

と言うわけで、早朝トレ採用に至るインセンティブが高いのは、週1ジムトレーニーや減量目的が強い人であるが、今回はそれらの人達が早朝トレで脂肪燃焼効率を高める為の起床からの流れと簡単なサプリメンテーションについて考えてみたい。

04:30(時間は例え)
起床

(以下、納品書記載の月替わりパスワード入力にて続きをお読み頂けます)

場外編へ続く



【関連】
夏期は朝トレへ変更が吉 
夏期は朝トレへ変更が吉 前編
夏期は朝トレへ変更が吉 後編
夏期は朝トレへ変更が吉 実践編
夏期は朝トレへ変更が吉 場外編

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。