本編では、その圧倒的利便性とコストから減量時に便利なコンビニチキンの安全性や選び方について考察した。

今回は私のコンビニチキン失敗談的経験談を紹介すると共に、そこからもう一度、チキン選びについて考えたい。

私は胃腸が強く、普段はトイレットペーパーが要らないくらいなのだが、4月上旬に下痢の症状が続いていることに気がついた。よくよく思い出すと、3月末から続き、何故か定休日明けの木曜日だけは回復していたので、最初は水を疑った。

家では蛇口直結式浄水器で濾した水を据え置き型浄水器でもう一度濾した物を飲んでいたが、神戸ではビルの水道水をポット型浄水器で濾しただけの物を毎日1〜2リットル飲んでいたからだ。ビルのタンクや配管が悪いのではないかと考えたのだ。

一口に下痢と言っても様々な原因が考えられ、一筋縄では元凶に辿り付けないかも知れないが、それでも、「何となく」とか「たまたま偶然」ではなく、無論、「みんながなっているから」でも、「NHKがなるっていってたから」なんてのはあり得ず、必ず因子は厳然と存在する

今回は簡単に答えに辿り着いたので、直ぐに元のペーパー要らずに戻ったが、ある症状に対する原因やメカニズムの追求と考察を怠ってはいけない。

(以下、納品書記載の月替わりパスワード入力にて続きをお読み頂けます)


【関連】
コンビニチキン Part.2「選ぶこともトレーニング?
RR #1 「私のジャガイモ選び 2017-1
RR #2 「私の鶏肉攻略 2017

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。