〜燃焼プロセスの円滑化〜

減量行為に対する反応が悪かった場合や減量開始の遅れを取り戻したい場合は、メインのファットバーナーの働きを強化するサプリを加えよう。その場合に適するのは、アルファリーンや4WAYメガバーンである。

これらの低刺激ダイエットサプリは、強力なサーモジェニックのオフサイクル中に利用する繋ぎ投手として好まれるが、イグナイトやファイナルバーンと相乗的に働くため、減量のリピッド化を図りたいときには、イグナイトやファイナルバーンと組み合わせて利用することができる。



アルファリーンは、

alean_met・摂取脂質の蓄積抑制
・インシュリン感受性向上
・ATP生成に伴う熱産生向上
・中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸の代謝向上
・脂肪細胞からの脂肪酸放出促進

と、攻撃にも防御にも優れた燃焼補助サプリである。



4WAYメガバーンは、

D14000400101_op01・オルニチンによるGHブーストとアンモニア除去
・シネフリンによるアドレナリンを介さない脂肪酸放出促進
・L-カルニチンによる遊離脂肪酸のミトコンドリア輸送増加
・ミトコンドリア活性による脂肪酸β酸化の促進

と、脂肪酸分解〜燃焼に至るまでの過程をサポートするのに特化しており、特に運動量や頻度が多い人に向いている。



〜どれとどれを組み合わせるか?〜

例えば、サーモジェニックスのオフサイクル中に、もう一絞りしたい場合、アルファリーンと4WAYメガバーンを組み合わせて、エクササイズの量か頻度を増やすのがベストである。CLAとL-カルニチンの例を挙げるまでもなく、アルファリーンの成分と4WAYメガバーンの成分は相乗的に機能するからだ。

では今回の主題であるサーモジェニックスのオンサイクル中に、これらのサプリを加えたい場合、どちらを採用すべきだろうか?

faファイナルバーンをメインの燃焼サプリに据えた場合、燃焼プロセスを補完して活性化させるのには、アルファリーンが最も適する。日中の活動量や総運動量が多い人には、4WAYメガバーンも捨てがたいが、どちらの製品も専門の健康サプリと変わらない量のCoQ10とL-カルニチン含有量を誇るからだ。


4wayイグナイトを選んだ場合、座り仕事や総運動量が少ない人はアルファリーンが適し、日中の活動量が多い人や総運動量が多い人は4WAYメガバーンが適する。特に1日を通して活動量が少ない人は、イグナイトの食欲抑制とアルファリーンの脂肪合成を抑制する防御系の側面が非常に有効となるだろう。

もちろん、遅れを取り戻す為に、No.1ファットバーナーの双璧をなすイグナイトとファイナルバーンを組み合わせた上で、アルファリーンや4WAYメガバーンを追加するのも良い。



hybeasyこれを書いている時点で5月も目前であるが、燃焼プロセスを円滑化し、包括的体系的に減量に取り組めば、まだまだ余裕で絞れるので、諦めずに一念発起して頂きたい。もちろん、早々に見切りを付けるのもありなので、その場合はマッハ6などを投入した筋肥大期からか、フェノムやファイナルパンプなどを利用した心臓血管系強化期から再スタートするのがお勧めである。



Ex:
カルニバーンセット
安静時&運動時 ハイパーバーンセット

【関連】
6パック計画は進んでいるか? 2017-1-前編
6パック計画は進んでいるか? 2017-1-後編

6パック計画は進んでいるか?-Part.1
6パック計画は進んでいるか?-補講
6パック計画は進んでいるか?-Part.2
6パック計画は成功したか? 前編
6パック計画は成功したか? 後編

【Ex2】
〜ネクストシーズンへ向けて〜
夏の6パック計画を終えて 前編
夏の6パック計画を終えて 中編1
夏の6パック計画を終えて 中編2
夏の6パック計画を終えて 後編