(月替わりパスワード入力による閲覧対応)

「私の鶏肉対策 2017」

タンパク質は、魚、牛、豚、鶏、卵、大豆、その他豆類などを複合的に、あるいはローテーションを意識して、偏り過ぎないように、摂るのが理想的である。

ただ、消費量が増えるとコストの問題が発生する為、自ずと鶏肉を選ぶことが多くなるはずだ。

その際に、国産を選ぶか、より安い海外産を選ぶかで悩むことがあるかも知れない。しかし、ブロイラーに関して言えば、5ヶ月前後と言う極めて短い生育期間、超濃密飼育による薬品投入の必要性等々から、国産も海外産も大差がないと考えている。

また、国産だけに絞っても、ブロイラーに関して言えば、安価な海外飼料が主体となる為、米糠と魚粉を無視した場合、似たり寄ったりの安全性と言っても良いだろう。

さて、今回はできるだけ放し飼いに近い環境で鶏を育てる自然養鶏を趣味とする私が採用している鶏肉の種類と、その攻略法に関して紹介したい。

(以下、納品書記載の月替わりパスワード入力にて続きをお読み頂けます)


【関連】
RR #1 「私のジャガイモ選び 2017-1
RR #2 「私の鶏肉攻略 2017

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。