徹底解説「ホエイプロテインSP」-応用&まとめ Part.2
spフルモデルチェンジされたDNS「ホエイプロテインSP(スーパープレミアム)」の徹底解説の応用編Part.2です。

ホエイプロテインSPは、「高用量のHMB」と「高比率のNOブースター」による高い筋合成促進作用と筋肉へのアミノ酸運搬強化、そして「適量のグルタミン」が巨視的及びミクロ的なコンディショニングを担うことで、包括的に回復力を底上げする唯一のプロテインであることをこれまでに説明してきました。

前回に引き続いて、今回もホエイプロテインSPがどのような目的に適するか考えてみたいと思います。



〜ヘビー編〜
「女性の筋肉増強に」
女性の場合、男性のようなテストステロンによる強い筋肉増強効果があまり期待できないため、ブレイクスルーや停滞突破目的でテストステロンブースターをアテにすることができない。

この為、専らロイシンやロイシンを主体としたアミノ酸、そしてインシュリン模倣物質と言った栄養素が女性のアナボリズム昂進に役立つ。ただ、これらの栄養素は筋力トレーニングを行う者にとっては一般化している為、更なる効果やブレイクスルーを果たしたい場合には些か物足りないと感じる人がいるかも知れない。

そこで登場するのがHMBである。

HMBはホルモンを介さずに筋合成を強く昂進させるため、テストステロンをアテにできない女性やインシュリン分泌が少ない人、インシュリン反応が悪い人にとって、筋肉増強目的における強い味方となる。

ホエイプロテインSPには、充分な用量のHMBが含まれる上、タンパク質の筋肉への輸送を強化するNOブースターが配合されている為、女性が筋肉増強重視の時期やブレイクスルーを果たしたい時期のメインのプロテインとして適する。

また、ゴチャゴチャとサプリメントを組み合わせるのが面倒な女性も多いと思うが、ホエイプロテインSPはアナボリズムを高めるHMBやNOブースターだけでなく、コンディショニングに役立つグルタミンも配合されているため、ハイエンドサプリであるにもかかわらず、あまり難しく考える必要なく手軽に利用できる。

【Ex】
女性アスリートの筋肉増強法2009-2010 イントロダクション
女性アスリートの筋肉増強法2009-2010 前編
女性アスリートの筋肉増強法2009-2010 中編
女性アスリートの筋肉増強法2009-2010 後編



「テストステロンブースターのオフ期に」
サプリ塾の読者にはテストステロンブースター好きが多いと思うが、それは大半の人に強い体感があるからだ。

筋力アップや筋量アップなどが実感でき、マニアックなスポーツサプリメントの楽しさを存分に楽しめるが、一つの欠点を持つ。それは、いつまでもサイクルを続ける事があまり適さないと言う点だ。長期にわたって摂取を続けると、身体がその環境に慣れてしまって、ハーブを主体にした構成に対して反応が弱くなってしまう可能性があるのだ。

そこで、一定期間継続したら、一定期間の非摂取期間、つまり、休みを設けるのがテストステロンブースター運用のコツになるが、燃える男の心情としては、オフサイクル期間が何か寂しく感じるのだ。「俺はいまアナボリックな体内環境だ!」と言う自信がトレーニングクオリティを高めるのに役立つのだが、オフ期間中もそのような物が欲しい。

また、現実的にも、テストステロンブースターのサイクル中にゲインした筋肉をオフ期間もキープする為に、アレコレと工夫する価値がある。

そのようなシチュエーションに役立つのが、HMBを配合したホエイプロテインSPである。最新高級栄養素のアナボリックブレンドがテストステロンブースター使用期に負けない筋量増加をもたらしてくれるだろう。



「ステロイドのオフサイクル期間に」
この項目に当てはまる人はいないと思うが念の為に。

ステロイド使用中は、テストステロン:コルチゾールの比率が大きく変化して筋合成が高まるが、オフ期間にこれが逆転することで、立ち所に縮んでしまうことが多い。丸々としたマルチーズが水に濡れて縮んでしまうように、ステロイドのサイクルがオフに入った途端、元通りになってしまうのだ。

これはオンサイクル中にテストステロンの自然な生成が低下、あるいはシャットダウンされ、オフサイクル時にテストステロン分泌量が極端に低下してしまう ことやコルチゾールの曝露によるところが主な原因である。

この現象に関しては、テストステロンブースター投入によるテストステロン生成の回復とコルチゾール分泌を抑制するナチュラルな栄養素摂取によって、ある程度回避できると信じられている。しかし、そのような対策はせいぜい副作用の一部を抑制するだけで、大きくゲインした筋量を維持するには心許ない。

急激に増加した筋量を守るには、強くアナボリズムを刺激して、カタボリズムを抑制するナチュラルな成分が必要なのだ。この辺りの投資をケチった者の末路が水に濡れたマルチーズコースとなるのである。

プロテインにはHMBとNOブースターが配合されたホエイプロテインSPを採用したいが、充分な投資と言うからには、同じくHMBを配合したクレアボルブラック、そして、信頼と実績の高いT-JACKやETBとの併用が望ましい。

もちろん、これらのスタックは、予算がある人の停滞打破やブレイクスルー目的で利用する価値がある。



【Ex】
ホビー自然養鶏から考える実践栄養学
アナボリズムを高める栄養素添加

【関連】
ウェブショップ「ホエイプロテインSP
徹底解説「ホエイプロテインSP」-序
徹底解説「ホエイプロテインSP」-前編
徹底解説「ホエイプロテインSP」-中編
徹底解説「ホエイプロテインSP」-後編
徹底解説「ホエイプロテインSP」応用編1
徹底解説「ホエイプロテインSP」応用編2

誰もが陥るプロテイン性能のミスリード
プロテインラベルマジック
居残り補習授業オフライン#28「サプマス版プロテイン風味の選び方