年末年始太り対策と言えば、GCS750とファイナルブロックのスタックですが、コストパフォーマンスという観点では強度の高い運動に軍配が挙ります。

サプリにも頼ることもありますが、年末年始のダイエットに可能な限り運動を採り入れるのには、もう一つ、個人的な思惑があります。

それは、年末年始は、栄養のある貴重な食べ物を多く食べる機会が多いという特徴を持つからです。



ミネラル、タンパク質、ビタミンを多く含む食材を摂ることが多い為、それらを出来るだけ我が身へと同化するには、身体を破壊して再構成を促進するに限ります。ポテチなどの単純なカロリーだけの食材に対しては、ファイナルブロックが最適ですが、身体作りに役立つ栄養素を多く含む食事に対しては、例えカロリーが高くとも非生産的アプローチではなく、生産性を重視して積極的に受容れると言うアプローチで臨みたい訳です。

美味しくて栄養価が高い食材を食べる機会が多い年末年始こそ、運動に励みたいものです。

さて、個人的には毎年1月2日には、自分では買えないお値段のしゃぶしゃぶをご馳走になるので、その為の運動が必要になります。もちろん、その運動は食べた後ではなく、食べる前に行わないといけません。良質なタンパク質を己が筋肉へと同化するには、強度が高い運動によって代謝昂進が起こっているのが望ましいからです。

で、結果的に以下のようなトレーニングスケジュールになりました。



12月31日(水)
1月2日の夜にしゃぶしゃぶを食べるので、当日の午前中にしっかりと運動ができるのが理想的だったが、天気予報を見ると、元旦と2日はかなり冷え込むようだ。運動、特に野外トレは当日のみならず、前日の天候の影響も受けるので、予定や超回復よりも「出来るときにやる」を優先した方が良い。そこで、この日は年末恒例の家族全員参加寒中町内一周マラソンを行う予定があったが、その前に公園トレを行うことにした。

内容は至ってシンプル。
A:高機能プッシュアップバーを利用したデクラインプッシュアップ
B:自重でのチンニング
C:斜め懸垂
D:自重でのディップス
E:80mダッシュ
A〜Eのサーキットを3周。

午後から、寒中マラソン(全然寒くなかったけど)。



1月2日(金)
0102寒さでとても外で運動する気にならなかったが、やはり肉を沢山食べるとなると、どうしても運動しておきたい。そこで思いついたのが、チョイトレである。12月に2年ぶりにハナレを片付けてチョイトレできる環境を作っていたのだ。

27.5kgのダンベルセットとアジャストベンチで、胸のトレーニングと腕のトレーニングを行った。

兎に角、早くトレーニングを終わらせたかったので、腕トレの時は加圧シャツを利用した。ちなみに、セルフ加圧は、それなりにリスクがあるので、器具を買うなら購入時に実地でレクチャーが受けられる店舗を探すべし。

夜は自信をもって(?)、1kgほど平らげることが出来た。



1月4日(日)
またも、実家ですき焼きをお呼ばれ。



1月6日(火)
チョイトレが思いの外、楽しかったので、雨の中、傘をさしてハナレへ。アジャストベンチはオモチャのような作りなので、インクラインでダンベルを行うと支えが割れてしまいそうで恐かったため、支えを使用しないデクラインの状態で行った。これが功を奏したのか、大した重さでもないのに大胸筋が筋肉痛になった。加圧の腕トレも行ったため、上腕も痛い。



1月7日(水)
プレ幼稚園が休み中の息子さんを散歩に連れて行かないと後で大変な事になるので、昼に公園へ。時間はないけど、ついでに簡単なトレーニングを行った。チンニング→斜め懸垂→80mダッシュのサーキット。この単純さが心理的な負荷や余力を残そうとする本能を取り除き、意外なほど良い運動となった。急いで帰宅し、食べトレ「トレ直後メシ」。



という感じで、今年は更に絞って68kg&8%くらいを目標にしているのだが、筋トレらしい筋トレに近かった為、ソフトマッチョ的ルックスの出だしとなった。



【関連】
個人的年末年始トレリザルト2012-2013
個人的年末年始トレリザルト2014-2015