1月は行ってしまい、2月は逃げてしまい、3月は去ってしまうとは、良く言ったもので気がつけば、3月も終わり。

それでも、充実していたから問題なし!先に進むのが楽しみ!って言ってみたいものだ。

先月の自分、昨年の今頃の自分に勝つために、1日1個、事を為す、名付けて1日1イベント。

3月3日(土)
0303昨日の晩にデザインした庭の斜面に果樹をお洒落かつ強固に植付ける為のアイテムのスケッチを元に今日はその作製&設置。

実用性とデザイン性の二兎を追っているので、ツートンカラーで廃材を仕上げた。



3月4日(日)
0304ストラッサー選手くらいになると、メーカーに十分にサポートしてもらえるので、マスターができることは少ない。なので、減量食にとササミの燻製を作った。

混ぜ混ぜしていないプロセスチーズが売ってないので、スモークチーズ作りをしていなかったが、オーストラリア産のナチュラルチーズを使用すれば近いものが作れる。

ただし、写真の例は些か誤りで、先に一口サイズにカットしておくと、燻製中に溶けてしまうので、塊のままスモークし、然る後にカットするのが吉。



3月5日(月)
卒業&入学シーズンなので、スーツをオーダーしに出かけた。

仕事で使う訳ではないので安物で十分なのだが、デフォルト状態でも癖のある骨格なので、それがトレーニングなぞしようものなら着られる既製品はない。

夕方、発送を終えてから、ホームセンターの資材館へ。一人では寂しいので、赤子を連れて行った。庭拡大用の部材を大量に購入。

ちょっと発明したくなったので、その為の部品も購入。



3月6日(火)
午前中、「肉食系男子専用ジャーキー携帯ホルダー」を開発した。

発送を終えてから、昨日と別のホームセンターへ。ACQ注入加工済のツーバイテンの91cmが490円で売られているから買占めに(2×10の182cmは先月買い占めた)。一人では寂しいので、上の子を連れて行った。



3月7日(水)
「ククルス・ドアンの庭」

午前中はじゃがいもの畑作りと植付け。

じゃがいもシアトルタイムズ記事で紹介されたグレッグ・ラトブスキーが発案したとされるジャガイモを大量に収穫する箱風に畑の一部をブロック化して高さを稼いでみた。

03で、こんな感じ。防腐処理したワンバイエイトでブロック化。

じゃがいもの成長に合せて、1×4と土を追加して行く予定ではあるが、果たして上手くいくだろうか?

昼ご飯を食べてから、ブルーベリー園(誇張)の拡張。そして、未使用部分の開墾。

体力ゲージがゼロになった時点で、体力をあまり使わない材木の防腐剤塗りへ移行。片手が動かなくなったら、もう片方の手に刷毛を持って塗り続けた。陽が落ちて、塗れてるのかどうかわかなくなったので終了。



3月9日(金)
今日は子供のサッカーの幼稚園対抗試合のはずだったが、雨で中止。なので、部屋の片付け&ゴミ出し。



3月10日(土)
「フェイジョア達」

0310アポロ、クーリッジ、マンモスがあるが、新たにトライアンフを植付けた。180cmくらいある期待の新人。

どんなデッドスペースも逃すまいと、桃の裏に新たなラズベリー園を造成した。

夕方、またも真っ暗になるまで、材木を塗装した。



3月11日(日)
「気概という言葉を再認識」

ネガティブなことを言って大変申し訳ないけど、あれから1年経過して「知覚」できることは、これからこの国は暮しにくくなる一方で以前より良くなることはないのは確実。やはり、当時も今も裸一貫からでも一から身を起こす気概があるかないか問われているのだ。

あえてメッセージ性を込めると、家系のDNAリバーから観た巨視では上のようなダイナミックな右ストレートを。個体レベルの日常においては、常に想像力を醸成、感受性のフィンを絶えず展開し、不断のジャブを。ついでに温和しく列に並ばないこと!

で、午前中は半分現実逃避。読書場をPレスアンカーでコンクリに固定した。春になって他所の子が家に来るようになるので、転落防止の為の仕掛けの一環として。その後、ポポーNC-1とザクロの植付けを行った。

ザクロやヤマモモは耐陰性が強いので、日陰で役に立たないスペースに植える。ポポーは他に先輩が二株いるが、やはり巨大な実をつけるNC-1は男のロマンだろう。

夕方、斜面を平らにして土を入替えた場所に、アローワというフランス産早生ジャガイモを植付けた。



3月13日(火)
0313明日、子供が遠足なので、夜中にカスタードプリンを作った。

タッパを器にしておけば、弁当のデザートとして持ち運びできるヤンと。適当に作ったが、満場一致で大好評だった。

ストちゃんとプルちゃんの移行率を暗記しているなら、コダワリ卵の黄身はあんまし食べん方がエエんやけどね(安物はOK)。



3月19日(月)
スーツの仕上がりは3月20日であったが、祭日に出かけるのは嫌なので「もうできあがってるでしょ?今から取りに行きます」と電話をかけてから受取りに行った。



3月20日(火)
0320子供と近所を散歩がてら探索に。

岩場を発見し、どうしても子供がそこでメシにしたいというので、粗末な弁当を広げた。よく観察すると、そこは野いちごが群生しているばかりか、野生化したボイセンベリーまで繁殖していた。...が、夏にここに分け入るには根性が要りそうだ。

帰りに未踏破の小川を見つけた。ウナギがいそうだった(待て男の野外料理)。



3月21日(水)
0321明日、つわ採りババがツクシ取りに来るので、ポイントの下調べに子供達と義母で偵察に出た。

ぽつぽつ生えているのを狩りながらの威力偵察を続けると、斜面一面がツクシンボウの一帯を発見した。まぁ、ツクシも微妙な食べ物になってしまったけどね。



3月24日(土)
「ガノタ女子?(妄想)」

0324夏休みの幼稚園イベント「親子陶芸」で作ったペン立てが帰って来た。基本的に親子イベントは一切、手出し口出ししないようにしているが、余白をパパに埋めて欲しいとの事。海をテーマにしていたので、海と言えば、MSM-03。

彩色は乾燥後に先生が行ったようだが、ゴックを知ってか知らぬか奇しくもモノアイのカラーはピンク!そして、この碧いカラーリングは大戦末期、南太平洋を作戦海域とした潜水艦隊レッドドルフィン所属のゴックを想定していたと思われる。



3月25日(日)
sakuウチに遊びに来る子供達が転落しないように、読書場に柵を設けた。

圧迫感と閉塞感が出るので、本当は付けたくなかったが訴えられてトホホは嫌なので仕方なく。

風邪がきつく寒かったのでほとんど作業をせずに、ダムエーを買いに行った。

0324死ぬ前に食べると決めていたボームドゥヴァニーユのクレームブリュレがもう食べられないようなので、自分で作る事にした。最後の砂糖をパリパリにした飴を作るのに使用したポケットトーチが壊れてしまった。

そこで、雑草焼き用のバーナーで豪快に炙ってみたら一瞬で焦げ目ができた。

お味は、最高の牛乳最高のクリームで作っているので、普通のお店やデパ地下よりも美味しく出来た。



3月26日(月)
0326今日の昼ご飯は、チキンライス。

仕事を終えてから、子供とプールへ行った。着替えや移動などの時間を含まない正味プール入水時間は2時間30分。特訓などは一切せず、ひたすら遊んだ。

昔、水泳をやっていた頃、1時間でも入水すると顔が引き締まるなぁ〜と思っていたが、帰宅後、別人になっていたようでワイフがビックリ!...と言っても痩せた訳ではなく、水分移動とコルチゾール以外のサイロキシン等の分解ホルモンの昂進によるカタボリック現象である。

とは言え、スッキリするので、勝負日にはプールで数時間過ごすのもオススメ。



3月27日(火)
「恥ずかしプレイ?」

あめ仕事を終えてから、高速道路を乗り継いで買物へ。
目立ちたくないので氣を抑えているのだが僅かに漏れ出る善い人オーラのせいか、輸入食材店にて専用レジを設けられて3人体制で接客の上、のど飴を沢山頂いた。

一旦荷物を車に積載してからデリフランスでサンドを食べたが、ここのクロワッサンはガリリとかじると発酵バターがプーンと香って、リアリティたっぷりの味わい。



3月28日(水)
0328この日は、牛乳と豆乳をブレンドして、黒糖カスタードプリンを作った。

自分には、コーヒーカップで大きいのを作った。



3月29日(木)
0329鶏ガラスープを作った。そして、それを濾したモノに、アゴだしパックを入れて煮込み、ラーメンスープのストックを作った。

夕方、子供と小川の偵察へ。
ズブズブと入水し、水面に垂れた草陰へタモをそっと滑り込ませると、沢山の川エビがピチピチ入った。やはり奴がいそうな川だ!子供にせがまれ、ミドリ亀を二匹捕まえてから帰った。

夜中。チーズを切って家飲み会。失敗作のスモチーはこうやって消費される。



3月30日(金)
0330今まで仮設であった野外調理場を常設にすべく、泣く泣く菜園の一角を潰した。その場所が便利だからだ。グリルにコンロにスモーカーと野心だけはデカイ。

煉瓦ワークに入る前に、ブロックでモックアップを作り、イメージを固めた。



3月31日(土)
0331ようやくサクランボの花がほぼ満開状態となった。

自分の目で視ると、昨年よりも少なく見えるのだが、写真に撮ると密度が上がり、実物よりも見栄えがするのは何故だろう。



【関連】
月末日記-2012-02
月末日記-2012-01
月末日記-2011-12
月末日記-2011-11
月末日記-2011-10
月末日記-2011-09
月末日記-2011-08
月末日記-2011-07
月末日記-2011-06
月末日記-2011-05
月末日記-2011-04
月末日記-2011-03
月末日記-2011-02
月末日記-2011-01
月末日記-2010-12
月末日記-2010-11
月末日記-2010-10
月末日記-2010-09
月末日記-2010-08
月末日記-2010-07
月末日記-2010-06
月末日記-2010-05
月末日記-2010-04
月末日記-2010-03
月末日記-2010-02
月末日記-2010-01
月末日記-11月
月末日記-10月
月末日記-9月
月末日記-8月
月末日記-7月
月末日記-6月
月末日記-5月
月末日記-4月
月末日記-3月