2011年。
2月末から子供が入院し、その付き添いとして4泊5日病室のベッドを共にした。それでも、何とか毎日サプリ塾を更新することができた。

3月上旬。
震災が起こった。
色々な感情がない交ぜになって、毎日、涙が流れた。

自分や家族が生きていられる事に感謝した。

命について考えると、これまで頭では解っていたつもりだが、実際には出来ていなかった問いかけが段々と聞こえて来るようになった。

「これは本当に自分がしたいことなのか?」

出来たのにしなかった事を将来、子供達や自分自身に責められやしないだろうか?

大爆発した湯沸器やその後の影響は無視できない。

絶えず想像し、ビジョンを鮮明にして、予測に繋げる必要があるだろう。
椅子に座る時間が増えて、ケツが痛くなった。

起床時と就寝時には布団の中で、携帯を使ってネットに接続するのが日課になった。

結果的に仕事やサプリ塾に割ける時間が減った。

ついぞ、今年初旬のピンチでは落とさなかったサプリ塾を落とすようになってしまった。



上の言訳を前提にすると、今年もよくやった方だと思う。

とは言え、ひとつの心配事は的中した。常々、「ストレスは、発想の母」と考えているので、ストレスが少ない業務形態に変えたら、サプリ塾は劣化してしまうのではないかという恐れである。

そんなことはない。そんなはずはない。
そう思ったが、2008年や2009年の方が昨年や今年よりも熱くて濃いようだ。

しかれど、極々最近ではこうも達観する。それもこれも全て芸風なのだと。



そして、宣言すればせざるを得ないだろう。
2012年のサプリ塾は、2011年よりも面白くしよう。
サプリ塾を充実させることがやりたいことのひとつだと。

その上で、他のやりたいことの実現を模索するという欲張りに今から変身したい。

ちなみにいつもの宣伝になるが、1日の僅かな隙間時間で発想力と独創性を絶やさずにサプリ塾を(ほぼ)毎日更新できたのは、日々の「UP!」と「VIVO」のお陰である。



【いつもの追記】
サプリ塾には、コメント欄も拍手ボタンもありません。

それらやメールなどの言葉ではなく、2011年も直接的なご評価や意思表示として、当店より商品をご購入下さった多くの方々に、この場を借りて厚くお礼申し上げます。

ありがとうございました。



【関連】
あとがき 2011
あとがき 2010
あとがき 2009
あとがき 2008