Q:チートデイのサプリにファイナルブロックを採用しようと考えていますが、正しいでしょうか?

ファイナルブロックは、無罪放免の食べ放題によってエネルギーをフルチャージし、「再び代謝を活性化することで防衛反応を防止するのが目的」のチートデイには些か適しません。

今回は、ファイナルブロックの投入が最適である目的について考えてみます。

ファイナルブロックが最も適する目的はもちろん精神安定の為のチートデイです。

ハードなダイエットだけでなく、ライトでイージーなダイエットであっても、長期間続けるのは物理的難易度よりも精神的な難易度が高いものです。

あまりにストレスを溜め込みすぎると、多くの場合、反動で暴飲暴食をしてしまうことがあります。

これは減量を目的とした食生活だけに当てはまりません。

体脂肪をできるだけ付けずに、筋量や筋力を増やしていきたい場合、できるだけクリーンな食事を心がけないといけません。減量食の継続と同様に、クリーンな食事の継続もまた精神的な負担になるケースもあります。



そこで、減量中の人は当然ながら、そうでない人であっても、存分に食べてストレスを解消するのが解決策の一つです。

このような場合、脂肪合成の抑制がGCS750では追いつかないケースがあります。チートデイにリバウンドしてしまっては元も子もないので、エネルギーの再チャージを目的としていないのであれば、グリコーゲン過補填効果などを期待せずに、摂取栄養素をカットしてしまう手段をとるべきでしょう。

そのようなシチュエーションの時こそ、ファイナルブロックが活躍するわけです。

エネルギー再補填効果は低くなっても、カロリーを気にせず食べることができるからです。



また、減量中は、炭水化物量を制限する傾向が強いため、セロトニンのレベルが不安定になることがあります。

これによって、不安感や不眠などの弊害が起こることが考えられます。

ファイナルブロックには、セロトニンレベルを安定させるトリプトファンやリラックス作用の高いテアニンが配合されているので、減量によってメンタルが不安定になるのを予防できると言う特徴があります。



エネルギー補填や筋合成促進を目的としない場合、オーバーカロリーに対する防御力と精神安定のメカニズムを持ったファイナルブロックが最も適すると考えられます。

そして、このカット機能とメンタルサポート機能はチートデイのみならず、日々のストレス解消やオヤツタイムにも活用できる意外な汎用性を持つので、できればピルケースに入れて、いつでも利用できるように備えておくのが吉となるでしょう。



【Ex】
ファイナルブロック-ど短期トライアル

【関連】
「チートデイ対策サプリ」-前編
「チートデイ対策サプリ」-中編
「チートデイ対策サプリ」-後編
チートデイ1
チートデイ2
チートデイ3
チートデイ4
サプリマスターが解決-まとめ
食べる事もトレーニング-まとめ