~プロローグ~

SEGAー♪その昔、家庭用ベーカリーを愛用する友人の「国産小麦は粘りけが弱い」との発言に対し、「んじゃ、グルテンを買ってきて加えれば万事OKじゃね?」と返したマスター。

一転、「そりゃ、丸っきりサプリ屋の考えだよ!」と怒られた経験も、現在の多角的視点の導入によってなるべく包括的な解決策を探ろうというアプローチの肥やしになったようです。



月日は流れ、SANYOから発売されたお米からパンを作ることができるマルチホームベーカリー「ゴパン」が世間では大人気。予約殺到で2回目の発売停止。家電芸人ならずとも試してみたいどころか、久々にゲットしたくなるようなアイテムです。

ところで、皆さんはお米パンを食べたことがありますか?

マスターの住んでいるところで有名なのは、小野市のひまわり公園で売られているお米パンです。焼き上がりの表面はパリッと、中はモッチリとして非常に美味しく、実は大ファンです。

あの味に近い物が家で手軽に作れるのなら、ゴパンを買うしかありません(売ってないけど)。

通常のパンと同等にふっくらさせる為には、このゴパンもグルテン添加が必要ですが、ゴパンの一番の醍醐味って何でしょう?

それは当たり前ですが、目の前のありふれたお米がパンに変わってしまうところです。

更に言うと、その技術革新とアイデアを長い目で見れば、年々低下しつつあるお米の消費量向上に貢献できる所です。



お米に関するエトセトラは、消費量低下ではなくミニマムアクセス米が悪の権化なのですが、米離れは結果的に国産米の生産量を減らすので、ますます有難いはずの100%国産のお米にミニマムアクセス米が紛れ込むという悪循環を生みかねません。

そこで、ゴパンほどではありませんが、当サプリ塾も米離れ現象に一石を投じるべく、スポーツ栄養学では過小評価され気味のお米にスポットライトを当ててみたいと思います。

その名もおにぎり最強伝説(仮名※)!

そんなわけで、サプリ塾を見たSANYO担当者はサプリマスターまで、至急ゴパンを送るように!

※ やっぱ、オニギリ舐めるなよ!にしようかな?

#1へ続く



【関連】
おにぎり最強説-0
おにぎり最強説-1
旨いお米食ったことある?
玄米は誰が食べるのか?
食べトレ-まとめ