本日の待ち受け画面5月26日(火)
来る6月6日、住谷師範と共に「第26回全日本ウェイト制選手権大会」に出場される松岡選手がご来店。

軽量級(70kg級)に出場の為、80kg超の体重から今回初めての減量。心配されていたが、スムーズに落ちたそうで、あと数キロを残しつつ、調整中とのこと。

現在、凝っているのは、納豆ダイエット。
納豆は減量に良いだけでなく、腸内環境を整えてくれるので採用したところ、狙い通りお腹の調子ばかりでなく、体調も良いそうだ。

「利き納豆ができるくらいになりたいです。でも、付属のタレ邪魔!」

「そう言えば、住谷師範は調子いいそうですね?メールもらいましたよ」
「そうそう!強いんですよ、住谷先輩。特に肩周りが凄くて!」


「減量後も、使用重量も変わらないんで。インクライン・ダンベル・プレスも40kgでできますよ」
(え〜、真剣ッすか!72kg前後の体重で!?)
「対戦する選手は、痛ってー!?何?コレ!?って思うでしょうね〜」

「じゃあ、いつもの写真を・・・」
「あ、しまったぁ!!あのマスクを忘れたー!!」


そんなワケで、お茶目な変身マスクを忘れてテンションが下がった松岡選手の写真。&逆光。
さて、今回のサプリは、
C3X-SC
ノーリーズン。
競技をやっているなら、このBCAAがベスト!


T-JACK
減量期〜試合期に起こりがちなテストステロンレベル低下によるヤル気の低下や筋力ダウンを防止。
高テストステロンで、アグレッシブな行動力を。


クレアボル
減量期の筋力低下に有効であるが、試合時のスタミナアップや計量後の体重増加が主な狙い。
パウダーを選んだのは、C3Xと混ぜて試合時に飲むためなのだ。


GCS750
軽量後の炭水化物の急速チャージに。
試合期間が2日間にわたるので、できるだけ食べた炭水化物をグリコーゲンとして変換しつつ、しっかり食べて質量アップ(計量後の階級性競技者の食事例


マスターのコメント
試合時の心を折らない積極性、底なしのスタミナ、計量後のエネルギー&体重チャージがテーマです。


比較さて、そろそろ、全国の松岡ファンと爪先フェチの為に、撮影といきますか・・・。

松岡選手の足のサイズ:26
マスターの足のサイズ:25.5

サイズ的には、それほど違わないが、一目瞭然。
あんたァ!サイボーグ004か!

「兎に角、調子がいいんで、『絶好調!中畑清です!』書いといて下さい」
「はい!」
(←絶好調中畑の意味がわからなかったので後でググッた)

試合終わったら、7月頃にアスリート座談会にやりましょうね〜?もっと、お互いの利益となるような形を考えましょうね。僕は、まだまだ「ギブ・ギブ・ギブ・・・」の域に達する事ができない「ウィン・ウィン」思考なんですよ〜・・・等々、現実的ギブ&テイク思考なマスターの話の数々に、松岡先生は辟易した表情ひとつ見せなかった。

そんなワケで、試合観に行きたいぞ、小次郎。



【関連】
前回の松岡先生
松岡先生のコラムが読めるのは(たぶん)週刊少年サプリ塾オフラインだけ!