クレアチン【クレアチンによるパフォーマンス向上効果 まとめ】
  屮曠好曠レアチン(クレアチンリン酸)貯蔵量の増加」
 ADPからATPへの再合成に欠かせないクレアチンリン酸の筋肉内濃度が10〜40%高まり、ピークパワーとその持続時間が延長される事が証明されている。

◆ 嵳稽ゥレアチン濃度上昇によるホスホクレアチン再合成速度の上昇」
 クレアチン摂取によって、ATPの再合成のために分解されたクレアチンリン酸の再合成速度が上昇するので、高負荷環境において利用可能なATPが実質的に増えるといえる。

 「運動中の筋内pHの低下幅の減少」
 クレアチン摂取によって、筋内のペーハーが酸性に傾くのを遅延できるという事は、より長い時間、高負荷での筋収縮が可能になる。

ぁ 屮肇譟璽縫鵐杏蕾戮慮上」
  銑の最大筋力とその発揮時間の増加によって、より高いレベル、より高効率なトレーニングが可能となる。

ァ 峩敍量の増加」
  銑い砲茲辰董△茲蟾蘯仝気良蕾戮かかり、筋肥大に貢献する。

Α 峩攤挧Δ凌緤保持量を増やし筋合成を活性化する」
 クレアチンによる筋肥大は、クレアチンの蓄積による筋細胞内水分の増加が引き金となって、筋合成が活性化されることも一因である。
クレアボル【クレアチンに対するクレアボルのアドバンテージ】
  屮曠好曠レアチン(クレアチンリン酸)の貯蔵量を限界まで増やす」
 IP6(フィチン)がリン酸を供給する事で、クレアチンのクレアチンリン酸(ホスホクレアチン)としての貯蔵を促す。

◆ 嵳稽ゥレアチン濃度を更に高め、ホスホクレアチン再合成速度を劇的に高める」
 クレアボルに含まれる外因性のクレアチンの補給に加え、アルギニン、グリシンが内因性のクレアチンの生産を高めるために、体内のクレアチン貯蔵量が飛躍的に高まる。貯蔵されたクレアチンが多ければ、IP6によるリン酸の供給と相まってホスホクレアチンの素早い再生が可能となる。

 「更なる運動中の筋内pHの低下幅の減少」
 クレアチン摂取によって、筋内のpHの低下が抑制され、運動時間の延長や疲労の遅延が起こるが、クレアボルに配合されたアルギニンやクエン酸がより、筋中のpHを安定させるので、筋持久力やスタミナなどが向上する。

ぁ 峺続Δ貿る、トレーニング負荷の向上」
  銑の最大筋力とその発揮時間の増加によって、より高いレベル、より高効率なトレーニングが可能となる。特にクレアボルには、クレアチン以外にも筋力を高める高容量の「グリシン」「アルギニン」が配合されている。

ァ 峽狹な筋肉量の増加」
  銑い砲茲辰董△茲蟾蘯仝気良蕾戮かかり、筋肥大に貢献する。
 特にクレアボルは、窒素を維持する「グルタミン」と「アルギニン」が多く配合されているので、筋肉は分解されにくく、また、筋量を保持しやすい体内環境となる。

Α 峺続Δ泙廼攤挧水分保持量を増やし筋合成を活性化」
 クレアチンによる筋細胞内水分の増加はもちろんであるが、クレアボルのほとんどの成分「グルタミン、IP6、グリシン」は、クレアチンに引けをとらない浸透圧調節物質で、筋細胞に水を引き込んで、カタボリックを抑制し、逆にアナボリズムを高める。

 以上の点から、クレアボルは、非摂取時はもちろん、クレアチン摂取時と比べても大きなアドバンテージがあり、事実、クレアチン摂取期間中にクレアボルに切り替えても、筋力及び筋サイズの向上に大きな効果を実感できるのである。

 そして、IP6によるクレアチンリン酸の再合成速度の向上は、ATPの再合成速度を向上させ、高負荷環境下における利用可能なATPの実質的な増加となると言っても過言ではない。これに、各主成分が筋内環境が酸性に傾くのを抑える事で、長時間の筋肉の収縮が可能になる作用が加わり、スタミナや筋持久力の向上、かつて味わった事のない「圧倒的に内包するエネルギー」のゲインを得られるのだ。

 驚愕の最終回へGo!

【関連】
ウェブショップ「クレアボル」
ウェブショップ「クレアチン」
プロジェクトATP 序章
プロジェクトATP その1
プロジェクトATP その2
プロジェクトATP その3
プロジェクトATP その4
プロジェクトATP その5
プロジェクトATP その6
プロジェクトATP その7
プロジェクトATP その8
プロジェクトATP その9
プロジェクトATP 最終回
クレアボル解説
クレアボル中間報告書
クレアチン 小話 その1
クレアチン 小話 その2
女王のプレイスタイルとウエイトトレーニング