アミノスーパータブ900 イグナイトHCのモニターをきっかけに、ダイエットを継続中です。
 減量期に入って、1ヶ月以上経過しました。

 1ヶ月近く経過すると、体重の減少幅も少なくなったり、何より頑張って取り組む事に飽きてきます。で、3ヶ月くらい減量を続ける工夫として、頑張らずに減量効果を引き出すことをアレコレと試すのもいいんじゃないかなぁ〜と(右ストレートほど劇的な破壊力はないけど)。
 そこで登場するのが大豆ペプチドです。
 一時、世間で話題になりましたが、実際どうなの?

【良く言われる大豆ペプチドの効果とか】
 .瀬ぅ┘奪隼の除脂肪体重を維持する
◆ゞ敍の代謝を刺激し、基礎代謝を上げ
 ダイエット期の基礎代謝の低下を防止する
ぁ’産生を高める
 大豆ペプチドは、ローカロリー食を継続している時の基礎代謝の維持及び代謝促進に良いようです。これらの効果は、ホエイタンパクと比べても大豆ペプチドの方が優れています。

 本当かな〜。
 と言うわけで、今まで間食にアミノスパイク(ホエイ)を摂取していたのを大豆ペプチドに換えてみました。サプマスラインナップに大豆ペプチドがなかったので、健康体力研究所(H&F)から取り寄せです。

 摂取開始から1週間が経過しましたが、プラシーボ効果でしょうか?何だか非常に良い感じです。さすがにファットバーナーのような感じではありませんが、代謝が良いようで何だか汗の出も良いです。

 そんなこんなで、大豆ペプチドも減量期のタンパク源には良いかなと再評価(昔、プレワークアウト時に飲んでいた※)する今日この頃で、明らかに結果が出ればラインナップに加えようと思います。

※ 今でも「EAA」や「BCAA」代わりにオススメです。

【関連】
ダイエット・ジャブ・ジャブ・ジャブ! 生活編 #1