「目は口ほどにものをいう」と言う有名なことわざがあります。

「言葉にしなくても、目は口で話すのと同じくらい相手に気持ちや意思を伝える」と言った具合でしょうか。人間の目からは、たくさんの情報を読み取れる・・・すなわち、目からは多くの情報があふれ出ているのでしょう。

しかし、僕の中の「名ことわざ」は「見た目は口ほどにものをいう」です。

世紀末199Xところで、テレビをつけると、「占い師」や「霊能者」が当たらない予言やら、当たり前の予言をしていますが、そんなエセ能力者でなくてもスバリ的中する予言を今日はしてみましょう。

それは、「若年者や外国人による犯罪は更に激増する」と言う至極簡単な予想です。
 

きっと、近い将来、日本は21世紀だけど「199X年」の世紀末の様相を呈するはずです。

そんな時に役に立つのが、「見た目」です。

人間のアウトラインからは、多くの情報があふれ出ています。そして、それらの信号は人の意識、無意識にオートマチックに流れ込みます。

犯罪に遭ってしまった時は戦闘力も大切ですが、まず第一に、犯罪に巻き込まれないようにする事が最も重要で、そのためには如何にも戦闘力を持っていそうな見た目こそが重要なのです。

プロならもちろんですが、向こうも昆虫ではありませんので、相手を選ぶと言う事です(※)。普通は、反撃された時のリスクの大きい人間を襲ったりしません。

そんなワケで、相手に「こいつはやっかいそうだ」「こいつは面倒そうだ」と意識させる、もしくは無意識に認知させるようなルックスを持つことは結構重要です。

そして、コレは何も防犯だけの話ではなく、日々の生活や対人関係でも意外なほど効果を発揮します。
 
(逆切れされずに)
注意ができる大人になれます。

※ たま〜に、相手を値踏みできない昆虫君がいたりしますが・・・。



【関連】
何故、鍛えるか?-1
何故、鍛えるか?-2
何故、鍛えるか?-3
何故、鍛えるか?-4
マッチョはもてるか?-1
マッチョはもてるか?-2
マッチョはもてるか?-3
マッチョの作法 温泉編-1
マッチョの作法 温泉編-2
マッチョの作法 日常編-1