【ワシントンD.C./米国 24日 AFP】
 米国とカナダでペットの急死が数件報告されている問題で、検証チームが23日、ペットフードの原料となる中国産の小麦からネズミ駆除用の化学物質(殺そ剤)を検出した。ABCのニュース番組が報じた。

 ABCのウェブサイトによると、この殺そ剤成分は「アミノプテリン」と呼ばれるもので米国内での使用は禁止されている。今回、殺そ剤成分が検出された中国産の小麦は、約100種類のドッグフードやキャットフードに使用されているという。検証チームはこれまでのところ、回収されたペットフードから検出された混入物質がアミノプテリンのみかどうかについては明らかにしていない。
ネットニュースより
【マスター】
 僕の家の大家さんの本業は農家です。
 時々、採れた野菜を頂いたりします。
「(知っての通り)ワシらも自分の家族が食べる分は、(商品とは)別の畑で農薬を限りなく減らして作っているけど、それですら他人様に自信と責任を持って食べてもらえるかどうかって言ったら・・・。だから、中国野菜だけは絶対に食べてはいけない!」
 なんて言っていたのを思い出しました。

 このニュースの場合、ペットフードメーカーの検査が甘いのも一因ですが。