10月になり、来るべき長ズボンデビューに備え、試しに去年のGパン(※)をはいてみると、これが結構キツイ。

今年は太ってないし、更にファスティングをやったのにおかしいなぁ〜と、思って大腿囲を測ってみると、以前よりも明らかに太くなっていました。

「ここ1年は、「脚の日」と言うのを設けずにトレーニングしてきたのに、何故だろうか?」

色々、理由を考えていました。

理由1

朝にトレーニングをするようになって、約1年。トレーニングをサボることがとても多くなり、そうなると普通は脚のトレーニングの日は、省かれがちです。

そこで、「脚の日」をなくし、トレーニングに行く度に毎回、最後にスクワットを行うようにしました。

こうすれば、トレーニング頻度が低下しても脚への刺激がゼロにはなりません。逆に、その過度ではない適度な負荷が良かったのかも。

 

理由2(※2)

自宅から駅までは、自転車で通います。時間は片道10分以下です。

出勤に際して、物凄く時間に余裕を持って家を出る(※3)ので、自転車を必死で漕ぐことはありません。しかし、駅に到着すると、脚は驚くほどパンパン。はちきれんばかりです。

それもそのはず、ウエイトトレーニングにあんまり行かなくても、絶えずサプリは試していたからです。「ETB」と「マッハ5」を1ボトルずつ交互にサイクルして、使用していました。



現在では、低強度であっても、局所的に筋内環境に高ストレスをもたらす「パンプアップ」が筋肥大に有効なのは良く知られています。

つまり、「パンプアップ」を促進するサプリメントが、自転車漕ぎという低強度の運動において、いとも簡単にパンプアップをもたらし、結果的に大腿部を肥大させたと言うことです。

と言うワケで、去年まで何とかはけていた34インチのGパンを諦め、36インチのGパンデビューに至ったのです(ちなみに、トレーニングを始める前は29インチでした)。

てな感じで、同じような境遇の人もやりようによっては筋肥大可能です。



※ 最近では、ジーンズと言わないといけないんでしょうか。

※2 宣伝みたいになっちゃいましたが、店頭に来られた方は、下記の説明を聞いた事があるかもしてません。僕は、このように説明します。
「ETBもマッハ5も、主観でなく、『サイズ』『使用重量』『体重』等の数字で結果が出る。」

※3 ポールポジションでないと気が済まないので、駅には目標の電車の8〜10分前に着いています。