ファーストゲイナーの第一条件として、雑誌や他のメディアなどで散々強調される「テストステロンレベル」・・・これは、睾丸の体積や性能による天性の才能です。
 
しかし、重要なことは、自分の持っているテストステロンの生産システムをフル稼働させる事であり、その成否が擬似ファーストゲイナーになるカギと言えるでしょう。
 
そして、それはトレーニングの方法によっても差がでてきます。

というわけで、今回は、トレーニング編です。

【トレーニング内容1】

 々盒度、低レップ、長インターバルのトレーニングを行う。

◆‖心慇畆鑢椶鮃圓Α
 
これは、有名な実験で確認されています。現実的に継続するには、6レップ以下の重量選択が良いと個人的には思います。6レップ以下のトレーニングは、3〜4分ほどのインターバルが望ましいですが、こんなトレを混んだ時間帯にジムでされたら邪魔ですね。
 
また、終始このやり方でトレーニングするのではなく、現実的にはやはり一部位につき一種目のみ(多関節種目を採用)を行うといいのではないでしょうか(良いこと言った!)。



【トレーニング内容2】

 .肇譟璽縫鵐阿靴人眛はオフにする。

◆…校間トレーニングをしない。

立て続けに高強度トレーニングを行うと、かえってテストステロンの分泌が減ると言われています。1オン1オフでトレーニングに行くとか、月、水、金で行くとか、工夫してみて下さい。

長時間に渡って高強度トレーニングを行うと、オーバートレーニング状態となって、テストステロンレベルが下がります。また、筋分解ホルモン「コルチゾール」が大活躍でマイッチングです。



【種目】

 .好ワットを行う。

◆.妊奪疋螢侫函▲戰鵐船廛譽垢覆匹離僖錙七呂亮鑢椶鮃圓Α

 クリーン、ハイクリーン、クリーン&ジャーク

 銑のパワー系の多関節種目を行うとテストステロンの分泌が増えると言われています。
 
また、スクワットは昔から良くテストステロンUP効果がうたわれていますが、どのようなスクワットが最もテストステロン分泌効果があると言う実験はなかったと思いますが、経験的にはハイレップスのスクワットが効果的ではないかと思います。


わざわざ「脚のトレーニングの日」を設けてハードにトレーニングしたくない方や精力UPだけが目的の方は、是非一度、「エブリタイムスクワット」をお試し下さい。

「エブリタイムスクワット」とは、脚のトレーニング日を設定せず、トレーニングに行く度に、毎回、最後に軽い重量でスクワットを限界まで行うと言うトレ方法で、意外に効きます。

#5へ続く



【テストステロン A to Z】
その1 簡易判別法
その2 要はキンタマにあり
その3 栄養でテストステロンUP
その4 トレーニングでテストステロンUP
その5 恋愛でテストステロンUP
その6 映画でテストステロンUP
その7 結婚でテストステロンダウン
その8 パパでテストステロンダウン
その9 キンタマ冷やしてテストステロンUP
その10 パンツ選びでテストステロンUP
その11 マッチョはもてるか Part.3
その12 秋にテストステロンUP!
その13 「素養を知るなら母を観よ?-1」
その14 「素養を知るなら母を観よ?-2」
その15 「素養を知るなら母を観よ?-3」
その16 「素養を知るなら母を観よ?-4」
その17 「素養を知るなら母を観よ?-5」

自力でテストステロンを増やすサプリメント No.1
自力でテストステロンを増やすサプリメント No.2