この一週間で見かけた、「認知症」の免許関連のニュース。

その1
 認知症で運転免許証を持つものは、40万人と言われてているが、潜在的にはもっといるであろう。

その2
 認知症で運転免許証を持つ患者83人のうち4割が、接触や追突などの交通事故を起こしていた――。こんな結果が高知大医学部の上村直人・講師(精神医学)らの研究でわかった。1日、東京都内で開かれた日本老年精神医学会で発表された。
 ・・・・中略 
 また、調査した患者83人のうち42人が運転免許の更新手続きを取り、全員が成功していた。

 道路交通法の改正で、運転に支障がある認知症の人は公安委員会が免許を取り消すことができる。だが、自己申告などを元に判断しているため、処分は年間数十件にとどまる。警察庁は判断能力を検査するシステム作りを検討している。

 そりゃ〜高速道路を逆走する車がおる訳だ!

 痴呆、いや認知症の原因は未だ不明です。アルミの脳での蓄積が原因と言うのが、主要な仮説で決定打ではありませんがやはり避けるに越した事はありません。

 ”當漫舛某綟賛
◆.▲襯瀑蕕箸
 とろけるチーズとか
ぁ.戞璽ングパウダー、みょうばん
ァ.▲襯澳
Αー造魯好謄ール缶のプルタブの部分はアルミ製
Аー造蓮半分が優しさでできいるはずのバファリ○。

 あと、色々あるようですが、他の避けたい物質よりは、簡単に避けれそうな感じですが、水道水のアルミは安物の浄水器では濾せません。しかし、最近のハイグレード版は濾せるようです(僕は水を買うのが嫌なので使っています)。

【ブログ内関連記事】
ビールとボケ
健キチはお風呂も浄水