ここ7年位は、全くテレビゲームをやってませんが、その昔はよくやっていました。中でも好きなのは「弾除け系縦シュー(縦スクロールシューティングゲーム)」で、その次は「アドバンスド大戦略」等のRPG要素を含むSLGとかです。

RPGの要素を含む育てゲーが何故面白いかと言うと、主人公やユニットが経験によって強く成長していくからです。強くなる成長する快感が良いわけです。

「ところが、やはり現実はいつも厳しい!」

僕は、その昔水泳をやっていましたが、今、どんなに情熱を注いで練習したとしても十代の頃のベストタイムを出すことは不可能です。練習しても練習しても現状維持で決して生涯の自己ベストを更新することはできません(25mと水中歩行なら勝てるかも)。

しかし、以前に述べた通り、ウェイトトレーニングは、大人になってからも成長が可能で、なんと言っても若い頃の自分に勝てます。また、男なら誰もが抱く「強くなりたい。強くありたい」と言う願望やコンプレックスを多少なりとも克服することに役立ちます。

つまり、大人になってからでも成長する喜びをリアルに味わえるゲーム。「リアルRPG・リアル育てゲー」それこそが、僕にとってのウエイトトレーニングなのです。


【余談 最後にやったゲーム】
セガサターンの「ギレンの野望」を「何で、強襲用に装甲を薄くしたケンプファー(嫌い)がこんなに耐久高いんだ?」「一年戦争では、バスクは文官だろー。」とか言いながら、結構やりこんだのが最後です。



【関連】
何故、鍛えるか?-1
何故、鍛えるか?-2
何故、鍛えるか?-3
何故、鍛えるか?-4
マッチョはもてるか?-1
マッチョはもてるか?-2
マッチョはもてるか?-3
マッチョの作法 温泉編-1
マッチョの作法 温泉編-2
マッチョの作法 日常編-1