植物は、光合成によって、エネルギー源である炭水化物を合成し、タンパク質の原料である窒素を含め、その他の栄養は土から得ています。

つまり、土の良し悪しも植物の成長には重要です。

そして、土の中の分解者(菌)の働きが非常に需要です。

何故なら、基本的に植物は無機物からタンパク質等の有機物を合成しますが、その無機物は土の中で分解者が有機物を分解したものから得ているからです。

つまり、植物は身体の外に消化器官があるようなモノです。つまり、消化器官である土の中の菌の状態が悪いと、有機物の分解が進まず、植物の成長も進まないということになります。

続きを読む