レジスタンステストで速筋体質かどうか判別できる?-余談編

Q:最大挙上重量の80%であれば、普通は10回程度は反復できるというのが定説ですが、私の場合、6回前後しか反復することができません。しかも、2セット目になると、もっと反復回数が落ち込みます。持久性から考えると、速筋線維が多いタイプと判断しても良いでしょうか?

アデジオテンシン変換酵素(ACE)を作る遺伝子には、II型とID型、DD型があり、II型の人は驚くべき持久力を持つ為、速筋体質や遅筋体質に関わらず、II型であればトレーニング耐性が高く、DD型はその逆なので、レジスタンストレーニングに対する耐性だけでは、速筋体質か遅筋体質か判断できないという基礎的回答が前回の話でした。

今回は質問に関係ない完全な余談編です。



続きを読む